マグナムカップ(2次予選)男子@稲城市総合体育館

広告

あれ…?前回のブログも書いたと思うんだけど…

気のせいかな…でも前回は5月の大会だったし気のせいだよね、うん!

どうも短パンを忘れてブログ担当になった、館です。

 

さて本日記載します内容は

「マグナムカップ 2次予選」でございます。

前回の鷺さんのブログが面白かったので、今回は落ち着いて感想を述べていきたいと思います。決して面白くないのであしからず。

 

メンバー

ぞんさん、まきさん、さぎさん、なっちさん、きむ、たけい、おたけ、ゆうたろう大先生(短パンありがとう)、やっし、そして何かを持っているたちでした。

 

1試合目 VS INFINITY

青いユニフォームのやつら。センターが190くらい、サイドのジャンプ力とミートがすさまじくいい。バランスのいいチーム。えーと、なぜか勝ちました。いえい。

ゆうたろう大先生のトス回しが最高に相手のブロックを振りまくるのでブロックにかかることは少な目でしたね。いい試合でした。

 

2試合目 VS 東稜(ブルー)

格上ということもあり、最初からみなさん負けムード。

特に1セット目はミスも目立つし、ブロックされるとテンションダダ落ちでした。

東稜さんの試合を見て思ったことは、よくさわるし拾うので落ちないということでした。たちの好きな粘りのプレーのお手本になるようなブロックカバーやワンタッチカバー、スパイクカットのポジションどりの良さがあったので、ぜひ動画でご確認を。

そんなことねーなって思ったらぼくの勘違いなのでスルーで笑

ちなみに2セット目は25-22

喰らいついていこうぜみんな。10点差はまだあきらめる点差ではありませんよ。

ジャンサカットの練習もやりましょう!

 

総評

コンビが綺麗に入れば相手のブロックはほとんど1枚だった気がします。

つまりチャンスを作って、綺麗なカットを入れれば点をもぎ取るプレイはできるはず。と思います。ブロックもワンタッチをよくしていて、どかどか打たれたわけではありません。センターラインがコンビをしっかり決めてくれますので、サイドももっとのびのびプレーできますよね。ドシャットくらっても、なんどでも打てばいいと思います。

サーブカットやチャンスカットの精度向上が目下の課題かもしれません。

 

以上、まじめなたちでした。

強いとこに勝ちたいぜ。

 

P.S.

スパイク練のとき、セッターが軽く打ってから始める練習取り入れてみません?